沖縄県で唯一の森林セラピー基地 『命薬の森』 ~森と水とやすらぎの里 くにがみ~

森林セラピーガイドについて

『森林セラピーガイド』と『森林セラピスト』の役割は、森林環境が持つ快適性効果を引き出すためのアドバイスを、来訪する利用者に行うことです。

そのため、野外で実際に人と接していく、「コミュニケーション能力」を十分備えていることが求められます。

また、その活躍の舞台は、森林の癒し効果が検証された「森林セラピー基地」や「森林セラピーロード」が中心となります。

森林セラピーガイドとは

『森林セラピーガイド』は、「森林を訪れる利用者に対して、森林浴効果が上がるような散策や運動を現地で案内する者」です。

森林に関する環境科学的な知識に加え、森の癒し効果についての生理学的な知見を有する者で、利用者に対し、安心・安全な森林散策を確保し、森林環境内での歩行や運動・レクリエーション活動などを通して、正しい森林セラピーの方法を助言することが求められます。

森林セラピストとは

『森林セラピスト』は、森林セラピーガイドとしての知見を有していることに加え、「森林を訪れる利用者に対して、心とからだの健康を維持・増進させるための適切なプログラムを提供し、効果的なセラピー活動を指導する者」です。

森林健康科学系、健康・心理学系についての専門的な知識と高いコミュニケーション能力を有する者で、利用者に対し、保養プログラムを提供し、森林セラピーの実践を指導することが求められます。

※上記テキストは、森林セラピー総合サイトより抜粋いたしました。

森林セラピー総合サイト | 森林セラピーガイドとは

http://www.fo-society.jp/therapist/

△TOP